リバーロキサバンのモニタリング指標として、プロトロンビン時間(PT)が適している可能性が示された。一方、ダビガトランでは、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)に可能性があることが示唆された。帝京大学内科の川杉和夫氏らが、各凝固指標に及ぼす新規経口抗凝固薬(NOAC)投与の影響を検討した結果だ。同氏が、第8回日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム(2月22日、開催地:東京)で報告した。

リバーロキサバンのモニタリングにはPTの画像

ログインして全文を読む