新規冠動脈病変に対して経皮的冠動脈インターベンション(PCI) を施行した患者において、耐久性ポリマー・ステントを使用した薬剤溶出性ステント(DES)とベアメタル・ステント(BMS)、あるいはDES相互を比較した無作為化臨床試験のメタ解析の結果が報告され、各種DESのうち、CoCr-EES、SES、Res-ZESは効果が高く、CoCr-EESは安全性が高いステントであることが示された。米ニューヨーク大学のSripal Bangalore氏が、2012年10月、米フロリダ州マイアミで開催されたTranscatheter Cardiovascular Therapeutics(TCT2012)で発表した。

CoCr-EES、SES、Res-ZESは効果が高く、CoCr-EESは安全性が高いの画像

ログインして全文を読む