血小板機能の測定によってクロピドグレル不応症(hypo-responder)と判定されたPCI施行例は、ステント血栓症のリスクが高いことが知られている。一方、クロピドグレル不応症にCYP2C19遺伝子の多型(注)が関与していることが、最近の研究で示されている。

クロピドグレル不応症のPCI施行例における抗血小板薬3剤療法の有用性を検討の画像

ログインして全文を読む