大腿膝窩動脈に対する血管内治療では、再狭窄が大きな課題となっている。そこで、社会保険小倉記念病院循環器科の曽我芳光氏(写真)らは、自己拡張型ナイチノールステントを用いた大腿膝窩動脈疾患ステント治療後におけるシロスタゾールの効果を検討し、同剤によって再狭窄が抑制されることを示す結果を得た。

大腿膝窩動脈疾患ステント治療後の再狭窄に対するシロスタゾールの有効性を検討の画像

ログインして全文を読む