近年、抗血小板薬抵抗性(不応症)とステント血栓症の関係、クロピドグレルの代謝に関与しているCYP2C19の遺伝子多型とクロピドグレル不応症との関係が注目されている。Transcatheter Cardiovascular Therapeutics(TCT2009)におけるセッション「Current Knowledge and Future Directions」では、抗血小板薬に対する抵抗性について、様々な角度からの報告が行われた。

ログインして全文を読む