ジョンソン・アンド・ジョンソン社グループのCampbell Cordis社は、生体吸収性の高分子ポリマーであるPLGA(poly-lactic-co-glycolic acid)を利用して、シロスタゾールとシロリムス2剤溶出性ステントを開発。その溶出動態と安全性をin vitroとin vivo(ブタ)で検討した結果が、Transcatheter Cardiovascular Therapeutics(TCT2009)で報告された。同社のCheng Li氏が発表した。

ログインして全文を読む