韓国Gyeongsang国立大学病院のYoung-Hoon Jeong氏らは、クロピドグレル投与後も血小板活性が高い状態(HPPR)の症例に対する3剤の抗血小板療法(アスピリン+クロピドグレル+シロスタゾール:TAPT)の有効性を検討し、その結果をTranscatheter Cardiovascular Therapeutics(TCT2009)で報告した。

ログインして全文を読む