新規抗血小板薬であるTicagrelorが急性冠症候群患者を対象としたクロピドグレルとの比較試験において、有意に心血管イベント発症リスクを抑制したことが報告された。第3相並行群間比較試験であるPLATO試験の成果で、スペイン・バルセロナで開催された第31回欧州心臓学会(ESC2009)でスウェーデン・ウプサラ大学のLars Wallentin氏(写真)らが発表した。

新規抗血小板薬Ticagrelorが心血管イベント発症リスクを抑制の画像

ログインして全文を読む