ドイツ ミュンヘン心臓病病院のSigmund Silber氏は、血管内皮前駆細胞(EPC)捕捉性抗体(CD34抗体)をコーティングしたGenous stentの世界的な前向き症例登録であるe-HEALINGの1年の成績を報告した。米国・ニューオーリンズで開催された米国心臓協会学術集会2008(AHA2008)で発表した。演題名は、First Results of the 1-Year Follow-Up for the Endotherial Progenitor Cells (EPC) Capturing Genous Stent。

Genous Stentの世界的患者登録e-HEALINGで12カ月の成績発表、TLRはDESとほぼ同等の画像

ログインして全文を読む