下肢の血管内治療では、再狭窄の抑制が大きな課題となっている。そこで、社会保険小倉記念病院循環器科の曽我芳光氏らは、大腿膝窩動脈疾患の血管内治療後におけるシロスタゾールの効果を、国内多施設共同研究として検討し、米国・ニューオーリンズで開催された米国心臓協会学術集会2008(AHA2008)で報告した。

大腿膝窩動脈疾患による間歇性跛行の患者で、シロスタゾールは血管内治療後の再狭窄と再血行再建を抑制の画像

ログインして全文を読む