韓国Gyeongsang国立大学病院のYoung-Hoon Jeong氏らは、冠動脈ステント留置術を受けたhigh post-treatment platelet reactivity (HPPR)症例に対して、標準的抗血小板療法(アスピリン+チエノピリジン系薬)にシロスタゾールを追加した3剤療法の有効性を検討し報告した。米国・ニューオーリンズで開催された米国心臓協会学術集会2008(AHA 2008)で発表した。

冠動脈ステント留置術を受けた抗血小板薬抵抗性の患者でシロスタゾールは血小板凝集阻害を増強の画像

ログインして全文を読む