アジア人では、ステント血栓症の発症率は比較的低いことが報告された。アジアの多施設共同登録研究の3年間の追跡調査で明らかになったもので、新東京病院の中村淳氏(写真)が第30回欧州心臓学会で発表した。

アジアではステント血栓症の発症率は比較的低いの画像

ログインして全文を読む