「The Drug-Eluting Stent Summit, Part 2」のセッション「DES Controversies III, Adverse Drug-Eluting Stent Responses」で、米ユタ大学のJ.Brent Muhestein氏は、DESはステント内再狭窄を有意に抑制していることが示されているが、再開通処置の減少には必ずしも結びついておらず、DESの存在は遠位の冠動脈に対して、逆効果を引き起こしている可能性もあると述べた。

ログインして全文を読む