冠動脈疾患のステント治療では、遅発性ステント血栓症(Late ST:Late stent thrombosis)の克服が大きな課題となっている。そこで、2007年11月に、米国オーランドで開催された米国心臓協会・学術集会(AHA2007)の「Late Stent Thrombosis:Mechanisms,Modulators and Clinical Implications」のセッションでは、Late STの発症機序、リスクの定義、適応、患者教育、経済などの面から検討が行われた。

DES留置患者における遅発性ステント血栓の画像

ログインして全文を読む