血栓症を抑制するために抗血小板薬や抗凝固薬が用いられてきたが、一方で治療を強化すると出血性障害が増加するというジレンマに悩まされてきた。この難問を解決する方法が模索されている中、東海大学医学部内科学系教授の後藤信哉氏(写真)は、血栓形成を考える理論的枠組みとして、約150年前に提唱されたVirchowの三原則(Virchow's triad)が今日も有効であると強調する。Virchowの三原則とは何なのか、解説していただいた(動画による解説付き)。

「今こそVirchowの三原則の確認を」の画像

ログインして全文を読む