オーバートレーニング症候群とは、過剰なトレーニングが長期間続き、パフォーマンスや運動機能が低下し、疲労が容易に回復しなくなった状態だと定義されています。通常、トレーニングを行うと一定の疲労が生じますが、きちんと休めば回復し、やがて競技能力が徐々に向上することで、当初より強い負荷をかけたトレーニングができるようになります。

 しかし「トレーニング負荷」と「回復」のバランスが崩れたとき、つまり回復しきらないうちに次のトレーニングを行うと、運動機能は低下します。それなのに同じようなトレーニングを長期間にわたって繰り返すと、徐々にパフォーマンスが低下し、他の人と同じ程度の休息では完全に回復できない状態にまで落ち込んでしまうのです。

オーバートレーニング症候群とうつ病の画像

ログインして全文を読む