気管支喘息は、気道に慢性炎症が生じて過敏になり、攣縮が起きた結果、呼吸困難感、喘鳴、咳嗽、痰などの症状を呈する疾患です。日本人の有病率は小児で約10%、アスリートはそれよりもやや多く約13%という報告があります。アスリートの方が有病率が高い原因については後述します。

アスリートには気管支喘息が多いって本当?の画像

ログインして全文を読む