検査で異常がなかったら、「異常なし」と片付けてしまうことが多いかもしれません。通常、血算、腎機能、肝機能、イオン、炎症マーカーなどの一般生化学検査において、過敏性腸症候群などの機能性消化管疾患は異常を呈しません。そのため、腹痛や下痢や便秘の排便異常を呈する場合、通常は上記の検査項目のみを確認することが多いかもしれません。しかし、この項目だけでは不十分な場合もあります。

「血液検査、異常ありません!」と言う前にの画像

ログインして全文を読む