6〜7カ月健診の頃になると、母親も育児に慣れてきます。徐々に赤ちゃんの表情も豊かになってくるため、母親も育児を少しずつ楽しめるようになってくるでしょう。一方で、夜泣き、人見知り、離乳食がうまく進まないなど保護者には新しい悩みも出てきます。ときに兄や姉の赤ちゃん返りが見られることも。乳幼児健診は発育発達のチェックだけではなく、保護者からの育児の相談に乗るという意味でも重要な役割を担います。今回は、保護者から寄せられる相談に対する私なりの答え方をお伝えします。

子どもの夜泣き・人見知りへの小児科医の対処法の画像

ログインして全文を読む