生後3〜4カ月、1歳6カ月など成長の節目に実施される、乳幼児健診。乳幼児の発達や健康状態をチェックし、順調に育っているかどうかを確認する目的で行われるものです。今回は、当院でのノウハウをご紹介します。

熟練小児科医による1カ月健診の「心得」とはの画像

ログインして全文を読む