子どもの場合、大人とは異なり服薬を嫌がったり、正しく服薬ができなかったりすることは少なくありません。ときに、服薬させたと思っても、吐き出してしまう子どももいます。母親にとって、水薬1回分を正しく量ったり、散剤の分包を子どもにすべて服用させたりすることは必ずしも容易ではありません。薬を飲ませるのは難しいことなのです。

嘔気のある子どもへの服薬、保護者にどう説明していますか?の画像

ログインして全文を読む