皆さんこんにちは。今日もホンマでっか症例帳のお時間がやってきました。今回は放射線治療の魅力をお伝えしたいと思います。悪性腫瘍による痛み、神経症状、出血、気道や血管の閉塞(肝細胞癌の門脈腫瘍栓や肺癌の下大静脈症候群)など、緩和治療においても様々な場面で活用される放射線治療。最も一般的に実施されているX線体外照射の活用方法に加え、近年注目されつつある強度変調放射線治療(IMRT)についても、紹介していただきます。

放射線治療か手術か、どう判断する?の画像

ログインして全文を読む