36歳男性。咳が出て胸が苦しいと訴え来院した。5日前の昼から悪寒があり、37℃台の微熱が続いていた。昨夕から38℃を超える発熱と咳が出てきた。倦怠感、悪寒、食欲低下がある。患者さんは元気そうな様子であった。しかし、前日と比較すると血圧が下がり、頻脈かつ頻呼吸であることに注目し、山下先生がさらに検査を行ったのは見事であった。

原因不明の胸痛とウガンダへの道の画像

ログインして全文を読む