「ドスン」プロペラ機は軽い衝撃を与えながら滑走路に滑り込んだ。私は少し早めの夏季休暇を取り、屋久島に降り立った。空は低く、今にも泣き出しそうな天気である。屋久島は九州最南端の大隅半島佐多岬から南南西へ約60kmの洋上に浮かぶ円形の島である。周囲は130kmで東京23区より少し小さい。全面積の9割が山岳地帯で海岸沿いのわずかな平地に1万3000人が暮らす。

縄文杉との出会いを求めて屋久島にの画像

ログインして全文を読む