当院は毎年4月になると新入職の研修医のために院内でICLSコースを開催し、研修医が実臨床に携わる前に、一次救命処置から二次救命処置まで学んでもらっています。院内ICLSコースでは幅広く色々な業種の方にも参加していただいており、これまでも医師だけでなく、看護師、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師、臨床工学技士、理学療法士、そして医療事務の方にも、蘇生の知識と技術を広めています。
※ICLS(Immediate Cardiac Life Support):医療従事者のための蘇生トレーニングコース。突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生を習得することを目標とし、実技実習を中心にシミュレーションを通して学ぶ。

蘇生って、いつになったらやめていいの?の画像

ログインして全文を読む