ちょっと前に「DHMO」というネタが流行りました。以下のようにDHMOの危険性について羅列するものです。

・水酸と呼ばれ、酸性雨の主成分である
・重篤なやけどの原因となり得る
・吸引すると死亡する
・末期がん患者の悪性腫瘍から検出される

 DHMOはdihydrogen monoxideのことで、一酸化二水素。つまり水のことです。水と分かると馬鹿らしくなりますが、水と知らずに上記のような特徴だけ聞いていると恐怖心を煽られるので、「人間はいかに騙されやすいか」という研究に使用されたこともあるようです。

水は使いよう
 「人間の体の60%は水でできている」と言われるように、水は細胞を維持するためには必須の成分です。夏などは特にしっかり水分摂取しましょうという啓発運動が行われたりします。

 ではとにかくたくさん飲めばいいかというと、そう物事は単純ではなく、水を多量に摂取しすぎて低Na血症となり、意識障害や痙攣を起こして搬送されて来る人もいます。世にいう水中毒ですね。大事なのはバランスを保つことです。

水の罪 ― 過ぎたるは及ばざるがごとしの画像

ログインして全文を読む