今年もだんじり祭が終わりました。例年に比べて、本当に救急搬送が少なくなりました。ついに、1日の搬送件数が40件程度にまでなりました。これは数年前の半数くらいです。何が変わったのでしょうか。以前も書きましたが、これは設備の変化もあるでしょうけれども、町の皆さんが熱中症対策を真剣に行ってくれたからだろうと思っています。祭りの様子を見ていると、しっかり休憩を取りつつ、水分摂取をしつつ参加されているのを目にします。熱中症になってからの対策も必要ですが、ならないようにするという事が徹底されていることこそが重要であると改めて実感しました。この変化は全国からもっと注目されてもいいのではないかと思っています。

「骨盤矯正」「肩甲骨剥がし」って何なんだ?の画像

ログインして全文を読む