転院搬送に、行政の救急車を使用することがあります。夜間どうしても手術が重なって手術室が開けられないケースとか、入院が必要だけど満床で入院ができないといったケースが転院搬送の対象となります。平日の日中は必要があれば病院の救急車で転院搬送をしますが、休日夜間は転院搬送のためのスタッフがおらず、転院が困難となります。もちろんタクシーなどを利用していける方はそれで良いですが、酸素投与や輸液管理を要するような人は、基本的に医師か看護師同乗の上、行政の救急車で転院していただくことになります。

救急車での転院搬送、同乗医師の帰院手段は? の画像

ログインして全文を読む