近年、中心静脈カテーテルの留置はエコーガイド下で行うことが推奨されています。当院でも、どんなに急ぐ場合であれ、エコーを用いて穿刺するように心掛けております。ただ、僕が研修医になりたてホヤホヤのころはあまりエコーガイド下で行われておらず、動脈の走行や解剖の知識を頼りに盲目的にカテーテル留置をしておりました。毎回慎重に、恐る恐るやっていたのが思い出されます。今はエコーを事前に当ててきちんと解剖を把握し、しかも穿刺時と穿刺後に目標とする血管内にきちんとカテーテルが入っていることをエコーで確認できれば、非常に心強いです。

ログインして全文を読む