みなさま、最近動脈血採血をする機会は増えましたか? 昨年は乳酸値の測定が敗血症性ショックの診断のために必須の項目となりましたし、以前よりも動脈血ガスの採取が着目されてしかるべき時代となっています。基本的には乳酸値を見たい時に採血するのは動脈です。末梢循環動態の具合や、駆血時間などで静脈血液ガスの値は変動しやすいので、乳酸を見たいときには動脈がゴールデンスタンダードです。しかし、なかなか積極的には取られていないという実態があるような気がしています。動脈血の採血は意外とやっかいなものなのです。

乳酸の測定は静脈血でもいい?の画像

ログインして全文を読む