先日、茨城県大洗町では老朽化した救急車の買い換えを、財政難のために断念したというニュースが流れました。記事によれば、救急車は町に2台あるものの、そのうちの1台は15年使用しているもので、ガタがきている。そこで、2015年度に買い換える計画も出たけど、資金がなく断念したということです。また、今年ついにエンジンの不具合が出てしまい修理に出したところ、修理に13日掛かり、その間救急車は1台のみで、7件の要請が重複したため、一部は消防指揮車に医療用の資機材を積んで現場に出動したみたいです。

「救急車が買い換えられない」で思うことの画像

ログインして全文を読む