先日ちょっと印象的な出来事がありました。脳卒中かもしれないという人が搬送されてきたときのこと。ホットラインで救急隊からは「脳卒中の疑いです」と連絡を受けました。こういう場合に、脳卒中と低血糖を鑑別し、適切な搬送先施設を選定するためにも、極力低血糖の遷延を防ぐためにも、近年救急救命士が病院前で血糖測定して、必要なら血糖を上げるべく点滴で補充できるよう、2014年に法律が変わりました。なので、今回の脳卒中疑いの人は血糖測定したんだろうなと思ったら、救急隊が「脳卒中を疑っているので血糖測定できません」とおっしゃいます。そこを鑑別したいから血糖測定するんじゃないの?と思ったんですが…

救急救命士が血糖測定をしなかったワケの画像

ログインして全文を読む