先日、日本航空(JAL)と日本医師会が、機内で発生した急病人の応急処置を医師が迅速に行えるよう、搭乗している医師を事前に登録しておく「JAL DOCTOR登録制度」を共同運用するとの発表がありました。事前に登録した医師に、客室乗務員が直接援助を依頼することで、より迅速な対応ができるというわけです。機内でドクターコールを掛ける時間も惜しく、直接医師に対応を依頼することで稼いだ時間が勝負の分け目になるのは、アナフィラキシーとか気道緊急の時くらいではないのかという疑問はありますが、もちろんそれで救われる人がいるかもしれません。航空機利用者にとって安全な旅行を目指すためのシステムであるので、日本旅行医学会認定医

どうなる?JALの医師登録制度の画像

ログインして全文を読む