今年も、年始に餅を喉に詰まらせて救急搬送される人が報道されておりました。東京都内だけでも1月3日までに19人が搬送され、2人死亡したそうです。当院にも搬送されてまいりました。この時期は、世間でも餅による窒息の注意喚起が行われますが、犠牲者は毎年出続けています。海外の人もこの日本の特殊な状況に着目しており、2011年1月4日のウォール・ストリート・ジャーナルでは、「Mochi: New Year’s Silent Killer」という見出しで紹介されていたとのことです。食物の誤嚥は、咀嚼能力の低下、嚥下能力の低下、喀出能力の低下など、さまざまな原因が絡み合って起こることですが、このサイレントキラーはただの食物誤嚥とはわけが違います。

詰まるのは喉だけじゃない…おいしい餅の危ない話の画像

ログインして全文を読む