巷でよく聞く、「お客様は神様です」という言葉。歌手の三波春夫氏が残した言葉で、「神前で祈るときのように、雑念を払って、心をまっさらにしなければ完璧な藝をお見せすることはできない。お客様を神様とみて、歌を唄うのだ」という気持ちを表した言葉だそうです。三波氏の言葉そのものに向き合うと、この言葉は客を神様扱いしてもてなそうとかそういう意味合いではなさそうですが、今では客という絶対者を前に、最大限のサービスを提供しようという気概の表れとして使われているように思います。

お客様は神様ですか? の画像

ログインして全文を読む