先日、奄美大島の南の方にある瀬戸内町の病院に行ってきました。遊びに行ったわけではありませんよ…(汗)。もちろん受診したわけでもなく、仕事です。奄美空港から南方へ下ること1時間40分。奄美大島の南西部と加計呂麻島、与路島、請島を含む一帯が瀬戸内町です。人口9000人程の町で、当グループ病院の瀬戸内徳洲会病院がその地域の医療に携わっています。この病院には、島の医療の中心的役割を果たす内科医がいます。普段は瀬戸内病院で外来と入院診療を行いつつ、加計呂麻島の診療所で診察したり、それぞれの島へ訪問診療を行ったりしているようです。今回はこの病院で勤務するために奄美大島まで飛びました。

ハーブよりハブ!島の医療と救急の画像

ログインして全文を読む