CRPってご存知でしょうか?まぁ普通に臨床をやっている医師で知らない人はいないと思います。C反応性蛋白のことで、肺炎球菌菌体のC多糖体と沈降反応を起こすのでこの名前で呼ばれています。炎症時に肝臓で合成され血中に出てくるので、これを測定することで炎症の有無を見ることができます。

「CRP神話」を問うの画像

ログインして全文を読む