救急患者の「たらい回し」という言葉がマスコミを中心にもてはやされて(?)から久しいです。現場の救急医の感覚を伝えておきますと、僕は「たらい回し」という言葉を使いません。「こないだ◯◯の患者さんの搬送依頼があったけど、◯◯の事情で受け入れられなくて、たらい回ししてしまいました…」なんて言いません。

救急医療にタブレットは必要かの画像

ログインして全文を読む