STAP細胞騒動が新局面に入りました。昨日(2014年5月8日)、理化学研究所の研究論文の疑義に関する調査委員会(委員長渡部惇弁護士)は、理研理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(CDB)小保方晴子ユニットリーダーの不服申し立てを拒絶、再調査を行わないことを記者会見で発表したのです。

ログインして全文を読む