骨粗鬆症による骨折リスクを十分に低下させるためには、薬物療法と同時に、個々の患者の状況を把握して、食事、運動療法を勧めることも必要だ。患者に食事療法について説明する際、「効率良くカルシウムを摂取することを心掛けてくださいね」と話すだけでは、実際の食生活でどうすべきか、患者に伝わらない。私は、カルシウム摂取の必要性を話すと共に、具体的なメニューを示し、患者指導に役立てている。

骨粗鬆症の患者指導を成功させるコツの画像

ログインして全文を読む