骨粗鬆症治療の目標は、骨粗鬆症により上昇した絶対骨折危険率を、健常人のレベルまで下げることにある。その基本は、食事療法と運動療法だ。しかし食事療法と運動療法のみでは、骨粗鬆症による骨折リスクを十分に低下させることは困難であり、必要に応じて薬物療法を行わなければならない。

骨粗鬆症治療の薬物選択のポイント その1の画像

ログインして全文を読む