ワクチンの接種により、体に免疫反応が生じ、それによって感染症の発生を防ぐ免疫ができます。このとき、免疫ができる以外の反応(例えば軽ければ、初年、注射部位の腫れ、重ければ脳炎・脳症など)が発生することがあり、これを副反応と呼びます。

ワクチンによる副反応の頻度ってどれくらい?の画像

ログインして全文を読む