診断には顕微鏡検査(鏡検)が必要です。鏡検では鱗屑(剥けかかった角層)や水疱を一部採取し、KOH溶液で溶解し、顕微鏡で観察して、菌糸や胞子などの菌体を探します。鏡検は、簡便でその場で結果が出る、とても優れた検査です。いろいろな検査技術が発達した現在においても、鏡検は水虫の検査で不動の地位を誇っています。

「鏡検」は水虫診断の要。でも奥が深いの画像

ログインして全文を読む