IMSグループ(IMS、Itabashi Medical System)は35の病院、17の介護老健施設、8のクリニックを始めとした様々な医療事業を展開する、東日本最大の医療法人グループだ。その中核病院となっているのが東京都板橋区にある板橋中央総合病院で、その院長を務めるのが新見能成氏だ。新見氏は麻酔科医を長らく務め、その後、“一本釣り”で板橋中央総合病院の副院長に呼ばれ、院長となった経緯を持つ。新見氏に医療の今と今後や麻酔科の面白さ、若手へのメッセージを聞いた。

手術室の中しか見ない麻酔科医はいらないの画像

ログインして全文を読む