四六時中、手術のことを考えてきたと豪語する肝臓手術の第一人者の幕内氏。院長になって10年目になるが、未だに現役で週3回手術も行っている。幕内氏は医療の未来をどう語るのだろうか。

外科医なら基礎じゃなくて手術で論文を書け!の画像

ログインして全文を読む