ポリファーマシー(多剤併用)が世界中で問題となっています。ポリファーマシーは、不適切処方を生じるリスクが高く、薬剤性の有害事象を生じる最大のリスク因子です。今回は、ポリファーマシーに対する介入方法として注目されているdeprescribing(脱処方)の実際を、ケースを基に見ていきましょう。

転倒歴のある患者で見直すべき薬剤は?の画像

ログインして全文を読む