皮膚科外来の上位10位。最も多いのが湿疹や皮膚炎、次いで水虫(真菌性皮膚炎)、帯状疱疹などのウイルス性疾患。一方、入院となるケースが多いのが、帯状疱疹などのウイルス性疾患。次の湿疹などのかゆみを伴う疾患は即入院とはなりにくいが数は多い。4位の丹毒・蜂窩織炎などの膿皮症は入院例が多い。この辺りを中心に説明していく。

ログインして全文を読む