救急外来は疾患としてはバリエーションに富むが、主訴としては、めまい、胸痛、腹痛、意識喪失、発熱などが多い。救急外来は正確な診断の方が重要であり、いかなる考えで診断を進めたらいいか、私の考えを紹介する。

ログインして全文を読む