奈良地裁は4月22日、県立奈良病院の産科医2人が、当直勤務の時間外割増賃金など約9200万円の支払いを求めていた裁判で、「当直は労働基準法上の時間外労働に当たり、割増賃金の対象になる」として、奈良県に約1500万円の支払いを命じる判決を出しました。今回は、この判決を踏まえて、当直や日直の法律上の取り扱いについて紹介します。

ログインして全文を読む