麻疹ではカタル期の患者が最も感染力が強いにもかかわらず、症状は非特異的で診断が難しい。カタル期に麻疹を拾い上げるには、常に麻疹の可能性を頭の片隅に置き、麻疹患者との接触および大勢の人が集まる場所へ行ったかどうかを尋ねることが重要だ。そしてカタル期の症状を診たら、見慣れた咽頭周辺ではなく、奥歯の対面の粘膜に注目して、コプリック斑の有無をチェックしてほしい。

麻疹をカタル期に拾い上げるにはの画像

ログインして全文を読む